トラックバイアス&血統研究

トラックバイアス(馬場のクセ)と血統を研究

2020,3,1 日曜日 トラックバイアス予想 (中山競馬場、阪神競馬場、中京競馬場)

f:id:KITANOKURIGE:20200227154228j:plain

 

3月1日は中山芝で中山記念(GⅡ)が、阪神芝で阪急杯(GⅢ)の2つの重賞が行われる。どちらの競馬場も土曜午後か夜に雨予報となっているため、馬場の悪化に注意したい。

中山競馬場は火~水曜日に4.5mmの雨が降ったが、土曜夜時点の馬場状態は芝ダートともに良。上記の通り中山競馬場は土曜夜の降水確率が高めなので、馬場の悪化によるバイアスの変化に注意したい。

阪神競馬場は火~木曜日に6.5mmと土曜午後から数ミリの雨が降り、土曜夜時点の馬場状態は芝ダートともにやや重。阪神はすでに雨が降っているため馬場の悪化は確実だ。

中京競馬場は火~水曜日に7.5mmと土曜午後から数ミリの雨が降ったが、土曜夜時点の馬場状態は芝ダートともに良。中京もすでに雨が降っているため、馬場の悪化によるバイアスの変化に注意したい。

では、2020年3月1日、日曜日のトラックバイアスを予想する。

続きを読む

2020,2,29 土曜日 トラックバイアス予想 (中山競馬場、阪神競馬場、中京競馬場)

f:id:KITANOKURIGE:20200227154218j:plain

 

いわゆる新型コロナウイルスの影響で2月29日以降の競馬は無観客競馬となった。いつもと違いパドックに観客がいないため、いつもより落ち着いた馬の好走があるかもしれないため注意したい。

中山競馬場は火~水曜日に4.5mmの雨が降ったが、金曜昼時点の馬場状態は芝ダートともに良。芝コースは良好に見えるが、前開催に馬場が傷んでしまったためタフな状態だろう。

阪神競馬場は火~木曜日に6.5mmの雨が降り、金曜昼時点の馬場状態は芝は良、ダートはやや重。土曜日の天気が微妙なので、雨による馬場の悪化に注意したい。

中京競馬場は火~水曜日に7.5mmの雨が降り、金曜昼時点の馬場状態は芝ダートともに良。中京も土曜日の天気が微妙なので、雨による馬場の悪化に注意したい。

では、2020年2月29日、土曜日のトラックバイアスを予想する。

続きを読む

2020,2,22~23 トラックバイアス結果 (東京競馬場、京都競馬場、小倉競馬場)

f:id:KITANOKURIGE:20200220170509j:plain

 

2月23日に東京ダートで今年初のGⅠとなるフェブラリーステークスが行われ、中団から抜け出したモズアスコットが優勝し、これで史上5頭目の芝・ダートのGⅠ制覇となった。

東京競馬場は土曜日に0.5mmの雨が降ったが、馬場状態は芝ダートともに良。ダートコースはパサパサに乾燥したためか日曜日は差しが決まっていた。

京都競馬場は土曜日に11.5mmの雨が降り、馬場状態は芝はやや重~重、ダートはやや重~不良。芝コースは馬場がかなり傷んだため外差しが決まっていた。

小倉競馬場は月~火曜日に2mmの雪か雨と、土曜日に14.5mmの雨が降り、馬場状態は芝は重→良、ダートは不良→重。芝コースは非常にタフな状態になり極悪馬場となっていた。

では、2020年2月22~23日のトラックバイアスの結果を紹介する。

続きを読む